日本海側 雪が止んでも要注意 12日(火)にかけては太平洋側で雪か

©株式会社ウェザーマップ

12日(火)にかけての時系列予報

 11日(祝・月)午後は、日本海側の雪の範囲は次第に狭まるが、新潟県上越地方など一部の地域では、夕方にかけて雪の量がさらに増えるおそれがある。大雪による交通障害などに、引き続き警戒が必要だ。なお、今夜から12日(火)にかけては、関東など太平洋側でも雪の降る可能性がある。

交通障害 除雪の負担

11日(月)午前10時現在の積雪の深さ

 先週後半から大雪となっている日本海側では、11日も北陸を中心に雪の量が多くなっている。午前10時現在の積雪は、肘折(山形)330センチ、安塚(新潟)で292センチ、十日町286センチなど山沿いでかなり多くなっている。また、富山市で123センチ、福井市で96センチなど、平地でも生活に支障が出るくらいの積雪となっている所があるため、引き続き交通障害や農業施設への被害に注意・警戒が必要だ。

 11日午後は雪の降り方の落ち着く地域が多いが、気温がプラスになることで積雪が重みを増すため、除雪の負担が大きくなることが考えられる。また、屋根からの落雪も増えるため、雪おろしや除雪作業は出来るだけ複数で行うよう心がけたい。軒先などで大きくなった「つらら」が落下することもあるため、除雪時は特に注意が必要となる。

太平洋側でも雪に

12日(火)の全国の天気と予想気温

 今夜から12日(火)にかけては、日本海と本州の南岸をそれぞれ低気圧が進むため、太平洋側を含めて広い範囲で天気が崩れる見込み。寒気が残っている影響で、東海や関東など太平洋側の平地でも雪となる可能性があり、内陸を中心に積もるおそれがある。交通機関に影響が出る可能性があるため、時間に余裕を持った行動を心がけたい。

(気象予報士・高橋和也)