東京23区で積雪のおそれ 交通障害や路面の凍結に注意を

© 株式会社ウェザーマップ

12日(火)午前3時の雨と雪の予想

 関東甲信地方は低気圧の影響により、今夜遅くから12日(火)夕方にかけて断続的に雪や雨が降り、平野部でも積雪となり大雪となる所がある見込み。大雪による交通障害や路面の凍結、電線や樹木への着雪に注意が必要だ。

12日(火)午後9時の予想天気図

 関東甲信の上空およそ1500メートルには、-6℃以下の寒気が流れ込んでいる。今夜から12日(火)朝にかけて、関東の沿岸を低気圧が進み、12日(火)午後には別の低気圧が日本の南岸を東へ進む見込み。

 このため、関東甲信では今夜遅くから12日(夕方)夕方にかけて広い範囲で、断続的に雪や雨が降り、平野部も含む広い範囲で積雪となるおそれがある。東京地方でも12日(火)未明から昼過ぎにかけて雪や雨となり、多摩西部の山沿いを中心に積雪となり、東京23区でも積雪となる所がある見込み。大雪による交通障害や路面の凍結、電線や樹木への着雪に注意が必要だ。

12日(火)正午までの24時間予想降雪量

[雪の予想]  

12日(火)昼までに予想される降雪量(多い所)

 関東北部の山沿い 10センチ

 甲信 10センチ

 関東北部の平野部 5センチ

 箱根~多摩~秩父 7センチ

 関東南部の平野部 5センチ

 東京多摩地方 3センチ

 東京23区 1センチ