アレルギー性ぜんそくなど「舌下免疫療法」効果的 宮大チーム

© 株式会社宮崎日日新聞社

 宮崎大医学部の佐藤克明教授(免疫学)と東野(とうの)哲也教授(耳鼻咽喉・頭頸部外科学)の共同研究チームが、主に花粉症やハウスダストの治療に用いられる「舌下(ぜっか)免疫療法」が、アレルギー性ぜんそくなど他のアレルギー疾患にも効果的であることを突き止めた。同療法によるアレルギー抑制のメカニズムは十分に解明されておらず、今回の成果をきっかけに研究が進むことが期待されている。