クルマを購入するなら3月の年度末決算期が狙い目! 1月から動けばさらに吉! 新車値引きのコツも伝授

© 株式会社MOTA

新車を購入するのに1年で一番狙い目なのはやはり3月末の年度末決算期! 大幅な新車値引きも狙える絶好のチャンスだ。買い時を逃さないためには1月・2月から早急に行動したほうがさらに吉。新車値引き交渉術と共に、下取り車も高額で売却するテクニックなど、新車購入に関するあらゆるノウハウをMOTAが伝授する。■本項の画像はすべてイメージです■

トヨタ 新型カローラ&カローラツーリング

3月末決算期の好条件を引き出すため、1月からの商談が必須な理由とは

3月末に納車すれば年度末の売り上げ! 値引きの好条件も出やすくなる!?

年度末の決算期に売り上げ目標を達成するため、新車販売店(新車ディーラー)は必死だ。1台でも多く販売登録台数を確保するため、購入検討者の背中押しとなる値引きの好条件が出やすくなるのもこの時期だ。

やはり新車を買うなら、3月末の決算期は1年を通して最も狙い目である。

販売店の決算期が3月末だとしても、3月末に注文書へハンコを押しメーカーへ車両の発注をかけただけではダメだ。3月末にユーザーへの納車まで完了していないと、販売店の正式な売り上げとして計上が出来ないという点は注意が必要となる。

新車の納期は1ヶ月半から2か月以上かかる

販売店から新車の注文を入れ工場を出荷するまで、人気車種の場合は1ヶ月以上かかる例が少なくない。そして工場から店舗までは陸送の時間がかかるうえ、その後も販売店オプションを装着しナンバーを登録するなど、さらに手間と時間が必要となる。

つまり3月末に購入者の手元へ納車するためには、1月か、遅くとも2月の初頭にはメーカーへ注文を入れないと納車が間に合わなくなる可能性がある。のんびりしている場合ではないのだ。

2月末でもあきらめないで! 販売店の「特選車」ならまだ間に合うかも!

販売店の「特選車」「限定x台限り」といった情報には注目しておきたい(画像はイメージです)

2月後半、ましてや3月頭ともなると、そこからメーカーにオーダーしても3月末までの納車はほぼ間に合わない。しかしまだあきらめないほうが良い。

各販売店では決算期に合わせて、売れ筋車種の売れ筋グレードをあらかじめ何台か見込み発注し、事前に確保しているケースがある。販売店のホームページ、チラシなどで「特選車」「限定x台限り」などと出ている場合がそれに該当する。

店頭で展示車になっていることも多いから、実車そのものをチェック出来る場合もある。それが好みの仕様や色だったら、セールス担当に「この展示車は安くならないの?」などと相談してみると良い。3月末の納車が必須だが、思った以上の好条件が出る可能性がある。最後まであきらめないことが肝心だ。

お得な値引き交渉術を伝授! 新車の値引きにも色々な種類がある

クルマを購入するためには、車両本体価格だけでは買うことが出来ない。販売店が作成した見積り書を見てみると、税金や登録諸費用などの項目が並ぶ。これはどのクルマでもかかるものだ。

ただし新車販売店と値引き交渉をすると、車両本体価格などから数万円単位、多い場合数十万円の単位で値引きしてくれることがある。交渉上手な人は値引きを十分に引き出すことが出来て、そうでない人は値引きもほとんどなしで購入することになるのはちょっと理不尽だが、実際そのような商慣習が長年続いているのも事実だ。

かしこく新車を購入するためにも、値引き交渉術について色々と知っておく必要がある。

メーカーオプションとディーラーオプションの違いを理解する

販売店で装着出来るエアロパーツは人気アイテムのひとつだ(画像はイメージです)

ここで理解しておきたいのが、メーカーオプションとディーラーオプションの違い。前者はメーカー注文時でないと装着出来ない装備・機能で、後者は販売店で注文・装着する事が出来る装備・機能だ。

中でもディーラーオプションは販売店の利幅も大きい。値引きに関して言えば、特にカーナビやエアロパーツなどの高価なディーラーオプションを装着すれば、車両本体の値引きとは別に、まとまった値引き額を得ることも可能だ。上手く活用したい。

新車ローンを利用することで値引き条件を得られるケースも

新車を購入する場合、オートローンで買うより現金一括で購入したほうが販売店としても喜ばれそうだが、一概にそうとも言えない。実は販売店が提携するローン会社では、販売店に契約手数料を還元しており、収益源のひとつとなっている。そのことは知識として理解しておくべきだろう。

販売店でも、ローンの利用を条件に値引きを上乗せしてくれたり、ディーラーオプションをサービスしてくれることもある。交渉材料のひとつとして有効に活用しよう。

買取りサービスを活用し下取り車も上手く処分して、かしこい乗り換えをしよう

新車見積もりはまず「下取り車なし」で限界値引きを引き出そう

これまで乗っていた下取り車をどう処分するかも、お得な乗り換えにはとても重要なことだ。これまで大事に乗ってきた愛車を少しでも高く売れるテクニックはいくつかある。

まず、新車の購入と下取りは別のものとして切り分けよう。

新車の見積もりはまず、下取り車なしで値引き交渉してみるのがおススメだ。下取りありの場合、一見すると下取り額が高く見えても、実は値引き額を抑えて見積額の数字を調整しているケースも考えられる。

下取り車のほうは買い取り専門店や中古車販売店などの買取りサービスに相談し、少しでも高く売る手段を探ってみる。そのひと手間が重要なのだ。

十分な値引き額を確保した後「ちなみに下取り車があったらいくら!?」と聞いてみる

そして新車の十分な値引き条件を引き出し、商談も最後の段階に来たら初めて「下取り車を見積もりに加えた場合にはどうなるか」について聞いてみるのが良い。

例えば、買取りサービスで十分な値がつかなかったような古い車でも、下取りとして数万円上乗せしてくれるケースはある。また自動車メーカー本体がライバル社の特定車種からの代替を強化するため、販売店に対し対策金を投じ、買取りサービス以上の高価な査定額が飛び出すこともある。

なお新車の見積もりをする際、下取り車を査定したら見積書にしっかり査定手数料を計上されている場合があるから注意したい。1万円前後の手数料がかかるケースも見られる。買い取り専門店では査定手数料を取らないのが一般的だから、その差額分もしっかりとチェックすることが肝心だ。

[まとめ:MOTA編集部]