英ロックバンドThe 1975が新型コロナの世界的蔓延を受け、2021年全ツアー日程のキャンセルを発表

© ユニバーサル ミュージック合同会社

Photo: Kate Green/Getty Images for MTV

The 1975は、新型コロナウイルスの世界的蔓延をうけ、2021年のツアー日程をすべてキャンセルすることをTwitterで発表した。また、バンドは同じ投稿の中で2020年5月に発売したアルバム『Notes on a Conditional Form』に続く作品に取り組んでいることも明かしている。

「今は多くの人にとって信じられないほど困難な時期で、ファンやスタッフにとって安全な方法でショーを行うことができると確信できるまでは、ツアーをキャンセルすることが最善の方法だと判断しました。チケットの返金に関しては近いうちに発表します」「我々は現在、新しいアルバムを作っているところです。安全になり次第、ライヴで皆さんにお会いできるのを楽しみにしています」

1975年は、今年2月12日から17日間のヨーロッパ・ツアーを行う予定で、7月にはロンドンのフィンズベリー・パークで行われる大規模なイベントのヘッドラインを務めることも計画していた。また、ボナルーやアウトサイド・ランズといったアメリカの大規模フェスのラインナップにも名を連ねていた。

昨日、フロントマンのマット・ヒーリーはInstagramに写真をシェアし、「素晴らしいアーティストたちとの新しい音楽にとてもわくわくしてるよ(彼らに感謝!)」とコメントしている。2020年5月にリリースされたアルバム『Notes on a Conditional Form』は、全英チャート初登場1位、全米4位を記録しながら批評家からも絶賛を受け、Complex、NME、Alternative Press、Stereogumなどの様々な「Best of 2020」にランクインしている。

Written By Sophie Smith