RADWIMPS、メジャーデビュー15周年にして、初となる公式ノンフィクション発売!

© 株式会社ジェイ・キャスト

大ヒット映画「君の名は。」「天気の子」といえば、映画のストーリーとともに大人気バンドRADWIMPSによる楽曲も話題となった。ファンの方も多いだろう。

画像は、デビュー15周年をむかえるRADWIMPSのメンバー

2021年2月15日、『あんときのRADWIMPS 「人生 出会い」編』(小学館)が発売される。本書はメジャーデビュー15周年にして初となる公式ノンフィクションを収めた1冊だ。著者はメジャーデビューから現在までレコード会社担当としてRADWIMPSとともに歩んできた渡辺雅敏さんだ。

彼らは、2006年のメジャーデビューアルバム『RADWIMPS 3 〜無人島に持っていき忘れた一枚〜』、同年にリリースされた『RADWIMPS 4 〜おかずのごはん〜』という2枚のアルバムで熱狂的なファンを獲得する。当時、4人のメンバーはまだ10代の少年であった。

一方でボーカル野田洋次郎さんと他メンバーとの間には見えない亀裂が生まれ、名曲が誕生するごとに様々なドラマが起こっていたともいう。

本書はRADWIMPS有料会員制WEBサービス「ボクンチ」で連載していた原稿に大幅な加筆修正を加えられた1冊となっている。また、初公開となる写真も掲載されているという。

さらに、巻末には野田洋次郎さんによる書下ろしの特別寄稿も掲載予定。ファンの方は要チェックだ。

本書の目次は以下の通り。

【目次】
01 人生 出会い
02 飛び込みの電話
03 高校のいい思い出
04 洋次郎合格
05 四人が揃う
06 「祈跡」
07 リハビリのリハビリ
08 契約成立
09 初めてのツアー打ち上げ
10 十代最後の作品
11 「金9」と「俺色スカイ」
12 野田家忘年会
13 デビュー前夜
14 デビュー曲ってバラードだったらやりにくいもんなの?
15 横浜BLITZ
16 着々と
17 デビューアルバム完成
18 怒涛の日々
19 大切な人
20 本当の意味でのRADWIMPSのアルバム
21 伝説の全国キャンペーン
22 解散する前に聴いてください
23 パリで解散
24 横浜アリーナワンマン
25 音楽でずっとやっていくために、すごいバンドになりたい

RADWIMPSの15周年の軌跡が克明に綴られた公式ノンフィクション。ファンの方はぜひ手に取ってみてはいかがだろうか。

※画像提供:小学館

  • 書名:あんときのRADWIMPS 「人生 出会い」編
  • 監修・編集・著者名: 渡辺 雅敏 著
  • 出版社名: 小学館
  • 出版年月日: 2021年2月15日
  • 定価: 本体1700円+税
  • 判型・ページ数: 四六判簡易フランス装・320ページ
  • ISBN: 9784093888110

(BOOKウォッチ編集部)