Honda eとN-ONEのレースカーが登場! ホンダアクセスが出展車両を発表【東京オートサロン2021】

©株式会社MOTA

ホンダのカスタムパーツなど純正部品を扱う関連会社のホンダアクセスは、オンライン開催される「東京オートサロン2021 バーチャルオートサロン」(2021年1月15日金曜日より開催)にN-ONEとHonda eをベースとしたスポーツモデルのコンセプトカー2台を出展する。__楽しそうなレースマシン! ホンダアクセスの出展車を写真で見る\[画像15台\]__

ホンダの軽自動車N-ONE(N-ONE RS)をベースにしたコンセプトカー「K-CLIMB(ケイクライム)」[ホンダアクセス バーチャルオートサロン2021]

・初出:1/13 19:00掲載

・加筆・画像追加:1/15 16:00掲載

足回りとエクステリアを中心としたカスタムのスタイルを提案

ホンダアクセスが東京オートサロン2021 バーチャルオートサロンに出展するのは2台。軽自動車の「N-ONE」と電気自動車「Honda e」の市販モデルをベースに、レース参加を狙ったコンセプトカーだ。ホンダ車をベースにホンダアクセスが造る市販カスタムカー「Modulo X」のノウハウを生かし、主に足回りとエクステリアを中心としたカスタムのスタイルを提案する。

モーターの底力をみせる!? e-DRAG(イードラッグ)

コンセプトモデル「e-DRAG(イードラッグ)」
コンセプトモデル「e-DRAG(イードラッグ)」(ホンダアクセス 東京オートサロン特設サイトより)

電気自動車Honda eベースのコンセプトカー「e-DRAG(イードラッグ)」は、ドラッグレース(0キロからの発進加速を競うレース)出走を目論んだモデル。

「エコやクリーンだけがEVじゃない!モーターの底力を魅せる!」(ホンダアクセス 東京オートサロン特設サイトより)との記載通り、エコカーらしからぬパワフルな発進加速を楽しめそうな1台だ。

■主なカスタマイズ:

ホイール、サスペンション、後席シートを外し、前席2シートをバケットシートに変更

,
,

軽の底力をみせる!? K-CLIMB(ケイクライム)

コンセプトモデル「K-CLIMB(ケイクライム)」
コンセプトモデル「K-CLIMB(ケイクライム)」(ホンダアクセス 東京オートサロン特設サイトより)

軽自動車N-ONE(N-ONE RS)をベースにしたコンセプトカー「K-CLIMB(ケイクライム)」は、ヒルクライムレース(登坂競技)出走を目論んだモデル。

「パワーじゃない楽しさ!軽の底力を魅せる!」(ホンダアクセス 東京オートサロン特設サイトより)とあるように、高負荷のかかるヒルクライムレースの中で、最大限の能力を発揮し楽しく走ることが出来るカスタマイズとなっているようだ。

■主なカスタマイズ:

・(エクステリア)フロントグリル、フロントリアバンパー、フェンダー、テールゲートスポイラー、ボンネットフード、ホイール、サスペンション、マフラー

・(インテリア)ロールケージ装着のみ

ボディカラーはユーザー投票で決まる!

ホンダアクセスのバーチャルオートサロンブースでは、上記2台のカラーリングをユーザー投票で決める「ボディーカラー投票」を実施するなど、カスタマイズの楽しさを体感出来るような工夫がなされている。

ホンダアクセスの特設サイトは1月8日より開設されているが、ホンダアクセスのバーチャルオートサロンブースは東京オートサロン2021公式サイト内から1月15日(金)朝9時よりアクセス可能となる。またボディーカラー投票も同時刻より開始だ。