旧優生保護法は「正当化の余地ない」

© 一般社団法人共同通信社

 旧優生保護法の判決で札幌地裁は、旧法の違憲性について「子を産み育てるか否かの意思決定の自由を侵害し、個人の尊厳を著しく傷つけ、正当化の余地はない」と指摘した。