真っ黒グリルがトレンド!? ド派手アルファード2台を一気み【東京オートサロン2021 バーチャル会場レポート】

©株式会社MOTA

昨今は世界的にSUVが人気だが、ファミリーカーの定番といえばまだまだミニバン。しかもその頂点に君臨しているのがトヨタ アルファードだ。カスタムベースとしても人気だが、今回は人気ブランドふたつをピックアップ。本来ならば東京オートサロン2021で登場予定だったド派手アルファードをご紹介!

トヨタ アルファードWALD(ヴァルド)

統一感がキモ! ヴァルドの手にかかれば大人ヤンチャ仕様に

毎回、ド派手なエアロ&ホイールで目を引くコンプリートカーで注目されるヴァルドから。

日本に導入されていないレクサス版アルファードのLM300hの特徴的なグリルにも似た専用グリルを採用。ノーマルモデルはメッキ加飾が施されているが、こちらはあえてブラック塗装し、より重厚な雰囲気を演出している。

>>

ヘッドライトヴェゼル(内側部分)もブラック塗装し、統一感を。さらに注目はフロントエアロに左右に取り付けられたLEDライトだ。ただでさえ派手な見た目にもかかわらず、夜間も目立つこと間違いなし。

>>

真っ黒グリルに注目! アルファードをM'sスピードが大幅イメチェン

ノーマルアルファードのグリルは格子状にデザインされているが、M'sスピードは水平基調デザインを採用し、さらにブラックに塗装。これにより派手にもかかわらず、どこか落ち着いた印象に。

>>

フロント、リヤに取り付けられたエアロパーツは一部をブラック塗装とし、ホワイトのボディと合間って絶妙な仕上がりだ。

アルファードはご存知の通りベースモデルでも十分なくらい派手な見た目のグレードも存在する。それこそが人気の理由でもあるのだが、今回ご紹介したヴァルドやM'sスピードが手がけるアルファードは、さらに磨きをかけた印象だ。

SUVもいいが、やっぱりド派手なカスタムと考えるならばミニバンが最適かもしれない。

【筆者:MOTA編集部】