【J1】札幌加入のMF小野が決意表明「勝ち抜いてプレーをできる環境を」

©株式会社東京スポーツ新聞社

小野伸二

元日本代表MF小野伸二(41)が北の大地ででの活躍を誓った。

昨季J2琉球でプレーしていた小野は、20年12月に退団。21年1月に、14年から19年8月までプレーしたJ1札幌への復帰を決めた。

16日のオンライン会見では「また素晴らしい環境の中でサッカーがしたいと思った。1回出てみて、素晴らしい環境、クラブだなと感じた部分が大きかった」と入団の経緯を明かした上で「選手としての経験や若いチームなので自分が持っている考え方などを少しでも伝えたい」と意気込みを示した。

とはいえ、選手である以上、狙うのはレギュラーの座。「特別なことが今さらできるわけではないので、自分が今までやってきたことを1日1日無駄にせずにやっていきたい。簡単に試合に出られる状況ではないし、たくさん素晴らしい選手がいるが、トレーニングで競い合って、そこを勝ち抜いてプレーをできる環境を自分で作れるようにやっていきたい」と目をぎらつかせた。

果たして18年以来のJ1の舞台でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。