JR西日本、山陽本線の姫路~英賀保駅間に新駅設置 2026年開業予定

© Traicy Japan Inc,

JR西日本は、山陽本線の姫路・英賀保駅間の新駅設置について、近畿運輸局長に対し、鉄道事業法に基づく事業基本計画の変更認可申請を行った。

新駅は兵庫県姫路市西延末、英賀保駅から約2.8キロメートル、姫路駅から約1.8キロメートルの地点に、2026年春に開業予定となっている。駅には橋上駅舎、相対式ホーム2面(12両対応)、旅客上家(6両対応)、エレベーター2基が設置される。

山陽本線では、2005年以降、姫路市内だけでひめじ別所、東姫路、はりま勝原の3駅が相次いで開業している。