【18日】長崎県内17人感染 2人死亡 長崎の保育園 クラスター

©株式会社長崎新聞社

18日発表の市町別感染者数(左)と新型コロナウイルス感染者の入院状況(17日午後7時現在)

 県、長崎、佐世保両市は18日、4市1町で計17人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。長崎市の滑石保育園で県内保育所として初のクラスター(感染者集団)が発生。17日に救急搬送され死亡した佐世保市の高齢者が陽性と判明し、入院治療中だった長崎市の無職の1人が死亡したことも分かった。
 長崎市と滑石保育園によると、20~50代の女性ら保育士5人の感染が確認され、公表済みの保育士1人と合わせて計6人の感染となった。18、19両日は休園し、市は他の保育士や園児ら約90人を検査している。
 佐世保市では、体調悪化のため17日に市内病院に救急搬送後、死亡した90代無職男性を検査した結果、陽性と判明した。濃厚接触者として検査した家族3人の感染も確認された。
 諫早市の2人はクラスターが発生したグループホームおおくさ(同市)の入所者。同施設の感染者は計13人(入所者7、職員6)となった。