DeNA南場オーナー、三浦新監督にV指令 「待てば待つほど思いは強くなります」

© 株式会社Creative2

DeNA・南場智子オーナー(前列中央)と新人選手たち【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

「“発信”は横浜DeNAベイスターズの伝統で大切にしていること」

DeNAの新人選手8人(育成2人を含む)が20日、都内のDeNA本社を訪問した。球団では毎年恒例となっているもので、ルーキーたちはまず、球団オーナーで本社代表取締役会長の南場智子氏と名刺交換。約45分間にわたって同オーナーの講義を受けた。

大半の新人にとって初体験となる名刺交換は、緊張感ありありだったが、南場オーナーは「毎年手が震える選手も多いけれど、初々しくていいと思います。作法以上に相手への敬意が大事。今回はそれが伝わってきたので100点!」と高く評価した。

おりしもこの日、球団は2月1日から1軍が沖縄県宜野湾市、2軍が同県中頭郡嘉手納町で行う春季キャンプを、当面無観客で実施すると発表した。今年のルーキーは例年にない異常事態の中で、プロ生活のスタートを切ることになる。南場オーナーは「ファンに見ていただいてこそのプロだが、それを実感しにくい状況」と同情しつつ、「目の前には見えなくても、常にファンの存在を忘れず、自覚を持って行動してほしい」と求めた。

三浦新監督には「勝った日も負けた日もしかり発信は続けてほしい」

講義では、コロナ禍をうけて無観客や動員制限が行われた影響で昨年の観客動員が激減したことにも言及。それでも「“拾い物”もあった1年だった」と強調した。その例として、ウェブ会議システムを利用しファン同士で交流しながら試合を見る「オンラインハマスタ」など新しい観戦スタイルが生まれ、球団や選手が「ファンの大切さを再認識できた」ことを挙げた。

今年はDeNAの球団買収後10年目のシーズンを迎える。その間、リーグ優勝はまだ1度もなく、南場オーナーは「まずはリーグ優勝ですよね。そろそろファンと横浜の皆さんにプレゼントしたい。待てば待つほど思いは強くなりますね」と語った。

三浦大輔新監督も誕生。指揮官自身、球団史上最後のリーグ優勝となっている1998年に主力投手として活躍していたとあって、「優勝のすばらしさを知っている三浦さんが監督になっただけに、勝つことへのこだわりは、今まで以上に強く設定されると思います。絶大な人気を誇る方が就任したことで、期待も高まっていると思う」と南場オーナーのボルテージも上がる。

一方で、中畑清氏、アレックス・ラミレス氏に続いて3代目となる指揮官へ、「春田真前オーナーの時代から、監督には“発信”を重視することを、強いこだわりとしてお願いしてきた。横浜DeNAベイスターズの伝統となっていて、大切にしている事ですから、もちろん三浦新監督にも、勝った日も負けた日もしっかり発信は続けてほしい」と語った。球団買収以来、一昨年までは右肩上がりで観客動員を伸ばしてきただけに、“ファン重視”を改めて強調していた。

【動画】「100点!」と高く評価 ルーキーたちと名刺交換を行うDeNA南場オーナー

【動画】「100点!」と高く評価 ルーキーたちと名刺交換を行うDeNA南場オーナー signature

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)