アニメ『犬夜叉』続編が炎上!「思い出までクソまみれ」「気持ち悪い…」

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)Maridav / Shutterstock 

『うる星やつら』や、『めぞん一刻』を生み出した漫画家・高橋留美子による『犬夜叉』。同作の続編であるアニメ『半妖の夜叉姫』(日本テレビ系)第15話が、1月16日に放送された。しかし、人気キャラクター・殺生丸の〝節操〟のなさが明らかになり、ファンを騒然とさせている。

同アニメは、殺生丸の双子の子ども・日暮とわ、せつなをはじめ、犬夜叉とかごめの娘・もろはといった『犬夜叉』の人気キャラたちの子どもが活躍するオリジナル作品。第15話では、とわとせつなの出生シーンが登場し、母親がかつて殺生丸と行動を共にしていた少女・りんだと明かされた。

「殺生丸は、犬夜叉の異母兄で、実年齢が200歳以上の妖怪。一方で、りんは殺生丸に命を救われた人間で、『犬夜叉』に登場した際はまだ幼女でした。さらに、殺生丸とりんの関係は、恋愛対象というより、弟子と師匠といった親愛関係だったのです。『半妖の夜叉姫』でりんは10代半ばの少女へと成長していましたが、200歳を超える妖怪が、人間の少女へ手を出すというのは複雑な心境ですよね」(アニメライター)

幼女好き妖怪・殺生丸に非難が殺到

とわとせつなの母親が、りんという事実に、視聴者たちはドン引き。その勢いは日本国内のみならず世界中に波及し、ネット上には、

《気持ち悪い…》
《公式から、殺生丸様とりんちゃんに子どもってゆう地雷与えられて、『夜叉姫』見る気失せました》
《殺生丸様は妖怪だから、人間と尺度が違うとか色々なことを考慮した上で、殺生丸様ロリペド野郎じゃん、気持ちワル》
《なんで殺生丸をロリ野郎にするような公式二次創作するんだろう。これ考えた人恥ずかしくないのかな。連載時は大好きな作品だったけど、思い出までクソまみれにしてくれたよね。本当に心底気持ち悪い。好きだったこと自体後悔させてくれたよ》
《sesshomaru would spit on your pedomaru #ロリコン丸》
《pull the trigger kagura #ロリコン丸》

などの〝ロリコン〟コールが続出している。しかも同アニメの公式ツイッターにまで被害がおよび、さらに〝#ロリコン丸〟がトレンド入りするまでの反響を呼んでいた。

一方で〝殺生丸×りん〟のカップリング推しの人たちからは、《りんちゃんと殺生丸様は夫婦でとわとせつなのお母さんって事が分かって尊死してる》などと歓喜する声もあがっていたが、炎上は収まっていない。

良かれと思って描いた物語だったが、すっかり黒歴史化してしまったようだ。

【画像】

Maridav / Shutterstock