菅田将暉と有村架純 募る恋心もなかなか告白できず 「花束みたいな恋をした」のじれったい本編映像公開

© 合同会社シングルライン

菅田将暉と有村架純がダブル主演を務める映画「花束みたいな恋をした」(1月29日劇場公開)から、じれったい恋模様を描いた本編映像が公開となった。

公開された本編映像は、デートをする麦(菅田将暉)と絹(有村架純)の最後のお決まりであるファミレスから始まる。話が盛り上がる2人はあっという間に終電の時間に。家に帰った2人は、「好きかどうかが、会ってないときに考えてる時間の長さで決まるなら、間違いなくそうで」(麦)、「お店の人に感じいいなとか、歩幅合わせてくれるなとか、ポイントカードだったらもうとっくに溜まってて」(絹)と、相手への想いを確信。次こそは告白と決意した2人は、ガスタンクをバックに写真を撮りながら、告白のことを考えるのだった。

映像に出てくるファミレスは、脚本を担当した坂元裕二の他の作品でも重要な舞台として登場する。坂元は「ファミレス、好き過ぎるんですよね。ファミレスが出てこない話があったら、我慢してると思ってもらってもいい(笑)。そもそも人が道を歩きながらとか、公園のベンチとかで話してる時って、その場所に合わせた範囲の話をしていると思うんです。そう考えると、ファミレスで話されていることこそが僕が話して欲しいこと」と語るほどで、麦と絹の5年間のラブストーリーを語る上でも欠かせない場所となっている。

「花束みたいな恋をした」は、偶然の出会いから恋に落ちた、菅田将暉演じる大学生の山音麦(やまねむぎ)と有村架純演じる八谷絹(はちやきぬ)の”最高の5年間”を描いた作品。「東京ラブストーリー」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」「カルテット」などのテレビドラマを手掛けた脚本家の坂元裕二が、初の映画オリジナルのラブストーリーを書き下ろした。監督は、「罪の声」の土井裕泰が務めている。

花束みたいな恋をした
2021年1月29日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか、全国公開
配給:東京テアトル、リトルモア
(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会