公的年金0.1%引き下げ

21年度、4年ぶり減額

©一般社団法人共同通信社

年金手帳

 厚生労働省は22日、2021年度に支給する公的年金額を0.1%引き下げると発表した。年金額改定の指標となる賃金が下がったことを反映したためで、マイナスは17年度以来4年ぶり。

 国民年金の支給額は、40年間保険料を納めた満額で月6万5075円(20年度比66円減)、厚生年金は平均的な給与で40年間会社員だった夫と専業主婦のモデル世帯で月22万496円(同228円減)になる。4月分(受け取りは6月)から反映させる。

 21年度の国民年金の保険料は月額1万6610円、厚生年金の保険料率は18.3%(労使折半)で変わらない。