ロバート・グラスパー率いるR+R=NOWが初のライヴ盤リリース決定&ケンドリック・ラマーのカヴァー曲を先行配信

©ユニバーサル ミュージック合同会社

ロバート・グラスパーが中心となり結成されたドリーム・バンド、R+R=NOWがバンド初となるライヴ盤を2月26日にリリースすることが決定した。あわせて、同作からケンドリック・ラマーのカヴァー曲「ハウ・マッチ・ア・ダラー・コスト」の先行配信がスタートした。

R+R=NOWは、ジャズの革命児ロバート・グラスパーが2017年のSXSWのために声をかけて結成したバンド。ケンドリック・ラマーのグラミー受賞作『To Pimp A Butterfly』などを手掛けジャズとヒップホップを繋ぐ現代最重要プロデューサー/サックス・プレイヤーのテラス・マーティン、ロバート・グラスパー・エクスペリメントやブルーノート・オールスターズのメンバーでもあり、2020年のリーダー作『Color of Noize』が好評を博したデリック・ホッジ、エスペランサのバンドで活躍しロバート・グラスパー・エクスペリメントにも起用されたジャスティン・タイソン、カリスマ・トランペッターの/チャン・スコット・アトゥンデ・アジュアー、そして「Don’t Worry, Be Happy」で有名なボビー・マクファーリンを父に持ち、DJ、ビートボクサーからプロデューサー、シンガーと多彩な顔を持つテイラー・マクファーリンという6人組。

本作は言わずと知れたジャズ・クラブ、ブルーノート・ニューヨークで2018年に行われたグラスパーの約1ヵ月に渡るレジデンス公演で行われたライヴを収録したもの。全7曲のうち5曲が2018年のスタジオ・アルバム『コラージカリー・スピーキング』の収録曲となるが、スリリングで臨場感あふれるダイナミックな演奏はスタジオ盤とは全く異なり、ジャズ・アーティストの真骨頂である“ライヴ”感を堪能できる作品となっている。

アルバムの最大の山場はラストに収録された「レスティング・ウォリアー」。25分を超える白熱のパフォーマンスが収められ、エフェクトが加えられた独創的なサウンドに、アーティストがステージ上で奏でるストレートなサウンドが重なり、これまでにないユニークで力強い期待作だ。

■リリース情報

R+R=NOW

『ライヴ』

2021年2月26日 発売

SHM-CD UCCQ-1132

¥2,600(+tax)

視聴・デジタル配信はこちら 

【収録曲】

1.レスポンド ―Respond

2.ビーン・オン・マイ・マインド ―Been On My Mind

3.ハウ・マッチ・ア・ダラー・コスト ―How Much A Dollar Cost

4.チェンジ・オブ・トーン ―Change Of Tone

5.パースぺクティヴス / ポストパータム ―Perspectives/Postpartum

6.ニーデッド・ユー・スティルfeat. オマリ・ハードウィック ―Needed You Still featuring Omari Hardwick 7.レスティング・ウォリアー ―Resting Warrior

★2018年10月、ブルーノート・ニューヨークにてライヴ録音