ラリー・キングさん死去

米司会者、コロナで入院

© 一般社団法人共同通信社

CNNテレビの番組「ラリー・キング・ライブ」で話すラリー・キングさん=2010年6月(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米国の有名なテレビ司会者ラリー・キングさんが23日、ロサンゼルス市内の病院で死去した。87歳だった。キングさんの事務所が発表した。死因は明らかにされていないが、新型コロナウイルス感染で入院したと今月初めに伝えられていた。

 キングさんはCNNテレビの番組「ラリー・キング・ライブ」で2010年まで25年間にわたり司会者を務め、ゴルバチョフ元ソ連大統領やチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世ら世界のスターや政治家にインタビューした。「トークの帝王」と称され、生涯でインタビューした人は5万人に上るという。1933年ニューヨーク市生まれ。