『鉄腕DASH』城島茂の“意地汚い企画”に批判「見苦しい」「お金出せ」

© 株式会社日本ジャーナル出版

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

1月24日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、『TOKIO』の城島茂が挑んだ企画に批判が寄せられている。

この日は、企画「初モノ奪取」を放送。豊洲市場の初競りで競り落とされた「一番マグロ」をおすそ分けしてもおうと城島、『KAT-TUN』の中丸雄一が奮闘した。初モノは栄養豊富で、食べると75日寿命が延びると言い伝えられている。昨年も初マグロを追いかけたがありつけず、城島は今年までマグロを1年絶つと宣言していた。

城島は事前に仲卸業者のもとを訪れて根回し。初競りの1月5日、市場外で待機していた城島、中丸のもとに業者が現れ、大間町産の208.8キロのマグロを2084万円で競り落としたと口に。1キロ当たり10万円のマグロの行き先を聞いた城島らは、銀座の寿司屋を直接訪問した。

開店前に“初マグロ”を口に「他人の物を横から…」

城島は、一番マグロの解体風景を取材しようと押しかけた報道陣をかきわけ、しっぽの部分を譲ってもらえないか店の総料理長に交渉し、快諾を得た。営業開始する午前11時の直前に許可を得て入店。しっぽ部分の握りを口にして城島は泣きながら感動した。店側は普段提供しない部分で、お代は受け取れないとしている。城島は「新宿DASH」で作業していた国分太一、『King & Prince』の岸優太にもマグロの弁当を振る舞った。

店側は「神対応」を見せたが、視聴者はしっぽとはいえ、一番マグロを味わった城島に嫉妬していた。

《お金出して購入しろよ。お店を応援する気持ちがあるなら「相場の○倍出すから!」くらいのこと言ったら?》
《子どもの為には長生きしたら良いと思うんだけど、他人の苦労にただ乗っかって美味しいとこ取るのが本当に見苦しくて不快》
《そりゃー金払って食べる客が先でしょう! メディアのこーゆーとこ嫌いなんだよな~》
《いろんな人の邪魔しすぎだし、意地汚いにも程がある》
《こういうタレントパワー嫌いだわー》
《城島さんの『マグロ1年食べてない』って言うのも、それは本人の勝手だし…》
《初物企画は他人の物を横から取って感じ悪い》

高級品の「おこぼれ」を狙う企画に例年、批判の声は絶えない。今年もご多分に漏れぬ展開となってしまった。