トム・ハーディ演じる最晩年のアル・カポネ カイル・マクラクラン、マット・ディロンも 「カポネ」場面写真

© 合同会社シングルライン

トム・ハーディが最晩年のアル・カポネを演じる映画「カポネ」(2月26日公開)から、場面写真が公開となった。

公開となった場面写真は、トム・ハーディ演じるアル・カポネが葉巻に火をつける様子、ジャック・ロウデン演じるFBIのクロフォード捜査官、リンダ・カーデリーニ演じるカポネの妻のメエ、カイル・マクラクラン演じるカーロック、マット・ディロン演じるジョニーの姿が映し出されている。

病魔に蝕まれた晩年の姿を演じているトム・ハーディは、連日4時間のメイクアップを施し、カポネの通称である「スカーフェイス」の由来である傷を負った顔面をリアルに表現。ほとんどしゃべることができなくなったカポネを、のどと鼻の奥から響くしゃがれたうめき声によって演じ、幻想に取りつかれた晩年のカポネを演じている。

「カポネ」は、かつて暗黒街の帝王として君臨した伝説のギャングであるアル・カポネの最晩年の姿を、実話を元に新たな視点で描いた野心作。服役を終えてフロリダの大邸宅で暮らすアル・カポネは、梅毒が原因の認知症に苦しみ、薄れゆく記憶から自らが作り出す悪夢にさいなまれている。トム・ハーディが、病魔にまれていくカポネをすごみをみなぎらせて演じている。また、マット・ディロンやカイル・マクラクランら個性派キャストが脇を固める。

カポネ
2021年2月26日(金)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
配給:アルバトロス・フィルム
©2020 FONZO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.