仮想通貨計1600万円分、女性看護師がだまし取られる LINEで投資話、滋賀県警が捜査

©株式会社京都新聞社

草津署

 滋賀県警草津署は25日、草津市内の看護師の女性(25)が、会員制交流サイト(SNS)で知り合った外国籍を名乗る男に仮想通貨の投資話を持ち掛けられ、1600万円をだまし取られたと発表した。詐欺事件として捜査している。

 同署によると、女性は昨年12月26日、男から無料通信アプリLINE(ライン)で投資を呼び掛けられ、今月6日に10万円を仮想通貨に替えて指定されたサイトに送金。2万円の利益を受け取ったことから信用し、その後、18日までの間に7回にわたり計約1600万円分の仮想通貨をサイトに送金したという。