デカくてカッコいいアメ車が最高だぜ! ダッジ&フォードのアメリカンカスタム3選【東京オートサロン2021】

©株式会社MOTA

2021年は残念ながらバーチャルでの開催となったカスタムカーの祭典「東京オートサロン2021」。国内外の様々なクルマがベースとなるカスタムカーの中で、今回注目したのはアメ車。ステレオタイプと言われようと、やっぱアメ車はデカくて迫力があるほうがいい! そう思うアナタのために、バーチャル会場を彩る3台の注目モデルをピックアップした!

「NITTO INVO」を履かせた「ダッジ チャレンジャー SRT392」[NITTO/TOYO TIRES 東京オートサロン2021(バーチャルオートサロン)出展コンテンツ]

6インチリフトアップがばっちりキマッたフォードのトラック!

「フォード レンジャー LARIAT」[NITTO/TOYO TIRES 東京オートサロン2021(バーチャルオートサロン)]

トーヨータイヤの別ブランド「NITTO」ブースではアメ車2台が出展された。1台目はフォード レンジャー。同モデルに用意されるハイパフォーマンス版「RAPTOR(ラプター)」風にカスタマイズされたモデルだ。

手がけたのは、アメ車のカスタムを得意とするLUXZ(ラグジ)[岐阜県岐阜市]。

6インチリフトアップやアイアンバンパー、そして足元にはNITTO Mud Grapplerと20インチのホイール(FUEL KICKER D697)がバッチリキマっている。

見た目のイカツさのイメージとは異なり、中身はノーマルなのでベース車のまま、環境にも配慮した2.3リッター直列4気筒エコブーストエンジンを搭載するというギャップもまた面白い。

やはりフォード ブロンコといえば“アーリーブロンコ”でしょ!

フォード ブロンコ(アーリーブロンコ)[参考画像]
バーチャルオートサロン2021・Vehicle Line / GP SPORTSブースの模様

26年ぶりに復活を遂げたフォードのSUV「ブロンコ」。そのデザインは、いわゆる"アーリーブロンコ”と呼ばれる第1世代の初期モデル(1966年~1977年)をインスパイアしたものだ。

そして、今なお愛され続けるアーリーブロンコをフルレストアするのがVehicle Line[新潟県三条市]。バーチャルオートサロン2021では、その様子を紹介する。

用いるボディはなんと新品。クラシックカーの領域に入ったアーリーブロンコであっても、錆などの心配は無用だ! また、全ての部品も分解整備し、現代の部品なども有効活用することで、機関系もしっかりリフレッシュされる。

旧車特有の心配を払しょくし、安心して乗ることが出来るようにしてくれるのが嬉しいところだ。

タダモノではない雰囲気を漂わせるアメリカンマッスルカー

「ダッジ チャレンジャー SRT392」[NITTO/TOYO TIRES 東京オートサロン2021(バーチャルオートサロン)]
豪快な加速こそマッスルカーの命![参考画像]

最後はアメリカンなマッスルカーの登場だ!

フォード レンジャーと同様にNITTOブースに出展されたダッジ チャレンジャー SRT392は、もう見るからにただモノではない雰囲気を漂わせている。

こちらは正真正銘(!?)のハイパフォーマンスモデル。搭載する6.4リッター V8エンジンは362ps/644Nmを発揮するバケモノだ。

エアサスキットでガチガチにローダウンされた足元にはNITTO INVOとWORKのエモーション CR3P(20インチ)。ノーマル状態ではきっとぜんぜん収まらないタイヤを、エッジカスタムズの迫力あるエアロとオーバーフェンダーで包み込む。こちらもフォード レンジャー同様にLUXZがカスタマイズを担当した。

■バーチャルオートサロン2021 イベント概要

・オープン:2021年1月15日(金)午前9時

・クローズ:2021年11月30日(火)[予定]

・アクセス方法:バーチャルオートサロン(https://2021.virtualautosalon.jp/)