武井壮は〝限定的五輪〟を容認「もともと平等なものじゃない」

© 株式会社東京スポーツ新聞社

武井壮

タレントの武井壮(47)が25日、TOKYO MX「バラいろダンディ」に出演。開催問題で揺れる東京五輪への見解を語った。

番組では「IOCが五輪出場選手へのワクチン優先接種を検討中」という報道を紹介。MCの垣花正アナウンサーは「何が何でも開催したいというニュアンスを感じる」として武井に意見を求めた。武井は「(IOCは)当然開催したいと思っている。世界中のあらゆる企業が投資していますし、日本も設備投資に多額のお金をかけてやっていて、開催することで経済効果が生まれることなので、中止してしまうと何も取り返せないで終わってしまう」と開催にこだわる理由を推測。「観客とか輸送とか、これならば開催できるという形を議論していくのが、今はいいんじゃないか」と提案した。

さらに「中止か、やるかじゃなくて、こういう条件だったらOKできる。それでも参加したい国や選手があれば集めてもいいんじゃないか」と〝世界の祭典〟にこだわる必要はないとの見解を示した。続けて「限定的(な大会)になってしまっても仕方ないと思っている。平等じゃなくなるという議論が生まれるんですけど、もともとオリンピックはそんなに平等なものじゃないんです」とアスリート視線で話した。

武井は「戦争してたり飢餓に苦しむ国もあるから、練習なんかまともにできない国もある。やっぱりお金のある国が練習施設が整っていたり、派遣できる人数も多い」と指摘。「こういう時期だからできるオリンピックを考えてもいいんじゃないかなと、ちょっと思ったりします」と述べた。