お金をかけずに「ちょっとだけおしゃれな家庭料理」を目指して♪子どもが喜ぶ朝ごはん

© アイランド株式会社

大切な1日がはじまる朝。限られたこの時間をできるだけ心地よく、効率的に過ごすべく自分らしい工夫や習慣を取り入れている方がたくさんいらっしゃいます。

本連載では、朝を楽しむ朝美人アンバサダーのみなさんに、朝ごはんや、美容、ファッション、運動、家族との向き合い方など、いろいろな気になる朝のことをお聞きしてご紹介します。

今回お話を伺ったのは、ファッションデザイナーのkurumiさん(@_kurumi_kitchen_)です。

ある日のタイムスケジュール

6:00

起床、朝食準備

6:30

Instagramを更新しながら朝ごはん。仕事のメールもチェック

7:15

子ども起床、コーヒーを飲みながら娘の朝食お手伝い

8:00

食器洗い、子どもと一緒に歯磨き、洗顔、着替え

8:30

メイク

9:00

出勤&保育園登園

10:00

仕事スタート

19:00

仕事終わり、退勤、夕飯の買い物

19:30

保育園お迎え

20:15

夕飯準備、夕飯、片付け

21:30

子どもの寝かしつけ

22:00

やっと一息。コーヒータイム

23:00

入浴&ボディケア

24:30

就寝

kurumiさんの朝のモットー

目にも体にも美味しい朝食を

朝の自分時間が一日の活力で癒し

編集部:仕事と子育を両立されているkurumiさん。朝から心地よく過ごすために心がけてがけていることや、工夫していることがあれば教えてください。

kurumiさん:とにかく少しでも早起きすることです。娘が起きると、そこからはもうゆっくりする時間がなくなってしまうので、一足早く起きて朝食の準備をし、寝ている間にゆっくり自分だけの朝時間を過ごすようにしています。この朝の自分時間が一日の活力になったり、自分にとって癒やしの時間だったりします。

また、前日に終わらせられることは、なるべく済ませておくようにしています。夕飯のついでに、翌朝の分の野菜を切ったり、保育園の準備をしたり。その少しの準備のおかげで、忙しい朝も余裕がでます。

編集部:欠かせない朝の習慣を教えてください。

kurumiさん:やっぱり朝ごはんでしょうか。習慣とは少し違いますが、朝食抜きの1日だと力もでないし、昼までにお腹がすいて仕事に集中できません(笑)。朝早く時間がないときは食パン1枚、スープ1杯でも口にするようにしています。

あとは、朝食と一緒に飲むコーヒー。体調によって、カフェオレにしたりソイラテにしたり。基本的に豆から挽いたハンドドリップのブラックコーヒーで、目を覚ますようにしています。

今までは豆を購入したお店で挽いてもらっていたのですが、昨年コロナで休業中、大好きなカフェにもいけずどうしよう…と悩み、とうとうコーヒーミルを購入。それ以来、挽きたての豆の香りや味に癒やされて、すっかりハマってしまいました。

家族みんながお気に入りの「わんぱくサンド」

編集部:彩りよくキュートな料理とおしゃれな食卓風景が素敵です。続いては、朝食のことについて教えてください。 朝食メニューはいつ考えていますか?献立を考える時に意識されていることや、こだわりがあれば教えてください。

kurumiさん:朝食は、前日の夜の食材の残りや冷蔵庫のものを中心に、その時食べたいものを作るようにしています。なので、夕飯を考えるときに一緒に翌朝のメニューも考えます。お金をかければいくらでも素敵なメニューを作れるとは思いますが、それでは意味がないというか…。できれば、お金をかけずに「ちょっとだけおしゃれな家庭料理」を目指しています。

こだわりポイントは彩りです。彩りの良さ=栄養バランスの良さにつながる気がします。彩りの良い料理はそれだけで食欲もわくし、子供も喜んで食べてくれます。朝ごはんを並べたときの家族の「わぁ美味しそう!」という歓声も心地よいです(笑)。

編集部:昨年は下準備なしで作れるお気に入りの朝食メニューとして、ポタージュやスムージーボウル、サラダオムレツをご紹介いただきましたが、最近のお気に入りメニューを1つ教えてください。

kurumiさん:最近のお気に入りは、わんぱくサンドです。野菜をたっぷり食べたいときや、冷蔵庫のお掃除のときによく作ります。だいたい何を挟んでも美味しいので、とりあえずあるものをどっさり詰め込みます。

簡単なのに見栄えも良く、特に旦那さんがお気に入りです。ボリュームがでるからお腹もいっぱいになるし、男性でも満足できるようです。娘(4歳)にはまだちょっと早いので、食べやすく彩りよいもので作るようにしています。時間がないときはラップで巻いたままだったりしますが、余裕がある時は可愛いペーパーで筒んで、おうちピクニックにしています。

編集部:食器やカトラリーを選ぶときのこだわりや、好きなブランドなどあれば教えてください。

kurumiさん:食器はやっぱり使いやすさが一番。おしゃれでも電子レンジ非対応のものや、扱いが大変なものは普段使いには向かないし、子供がまだ小さく割られそうで怖いので…。以前購入したアセビマコトさんの器は、雰囲気があってとても素敵なのに電子レンジでも使えるし気に入っています。

カトラリーは王道ですが、クチポールがお気に入り。あの曲線、細さ、使いやすさ、すべてが好みです。カラバリがたくさんあるところも素敵。

朝のお気に入りアイテム

ニトリのスキレット

初めてこれでソーセージを焼いたときは、あまりの美味しさに感動を覚えました(笑)。その他、焼き菓子などオーブン対応なのも魅力的です。目玉焼き、ソーセージなどたいしたものでなくても、これを食卓に出すだけで、ちょっとおしゃれになるのもいいですよね。

PostCoffee

コーヒーのサブスク「PostCoffee」です。昨年のコロナでの休業中に申し込みました。朝、コーヒー豆を挽く時間がないときはこちらを使ってコーヒーを入れています。簡単なアンケートで、好みにあったコーヒーを選んでくれるので、今まで飲んだことのなかった豆との新しい出会いもあったりします。

kurumiさんのおすすめ朝美人アンバサダーさん

Nats Yさん(@balancedlife.n.y)。すごく英語が堪能で、キャプションが英語と日本語と両方書いてあるので勉強になります。海外っぽい彩りのオープンサンドがとても魅力的です。

kurumiさん(@_kurumi_kitchen_) ファッションデザイナー

3歳の娘を持つフルタイムのワーキングママ。アパレルブランドでデザイナーとして働きつつ、フリーでグラフィックデザインもしています。外国人の夫との結婚、出産を機に「食」に対して興味を持ちはじめ、1日の始まりである朝ごはんだけはしっかり食べるようになりました。趣味はフラダンスとカフェ巡りと旅行。最近はバタークリームで作るフラワーケーキ作りに魅了され自宅教室を開催を目指して勉強中です。

こんな食卓が待っていたら朝が待ち遠しいだろうなぁと、娘さんの気持ちを想像したらワクワクしてくるkurumiさんの朝ごはん。冷蔵庫整理ができて、ご家族みんな大満足のわんぱくサンドもいいですね!早起きしてつくる自分時間やコーヒーのサブスクなど、ご自身の気持ちを上げる工夫が朝時間に詰まっているんですね。(編集部)