俳優の安達勇人さんが防災無線アナウンス コロナ対策を啓発 桜川市

© 株式会社茨城新聞社

新型コロナウイルス感染症対策の放送を収録する安達勇人さん=桜川市大和庁舎

いばらき大使で声優・俳優の安達勇人さんが18日、桜川市羽田の市役所大和庁舎に出向き、新型コロナウイルス感染予防啓発に関する防災無線放送のアナウンス役を務め、「不要不急の外出自粛をお願いいたします」とメッセージを読み上げた。

同市では昨年3月から、毎日午後6時に防災無線による新型コロナウイルス感染予防啓発放送を流している。アナウンスは職員が交代で行っている。

同市では、市民に防災無線に少しでも関心を持ってもらおうと、同市出身で声優でもある安達さんにアナウンス役を依頼した。市によると、防災無線にタレントを起用するのは茨城県内で初めてという。放送は、同日から緊急事態宣言解除の2月7日まで流される予定。

収録後に安達さんは「声の仕事を通じて少しでも地元に恩返しができてよかった。新型コロナウイルス感染症対策のメッセージが少しでも市民の方に伝わってほしい」と話していた。