NY株3日続落、36ドル安

ナスダック、SPは最高値

© 一般社団法人共同通信社

ニューヨーク証券取引所の近くに立つウォール街を示す標識=2020年10月、米ニューヨーク(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】週明け25日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3営業日続落し、前週末比36.98ドル安の3万0960.00ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスのワクチン普及の遅れに対する懸念が相場の重しとなった。

 一方、新型コロナ禍でも好業績への期待感を持たれているIT大手は上昇し、ハイテク株主体のナスダック総合指数は92.93ポイント高の1万3635.99と4営業日連続で最高値を更新。幅広い銘柄のSP500種株価指数も13.89ポイント高の3855.36と最高値。

 銘柄別では、金融・旅行のアメリカン・エキスプレスなどの下落が目立った。