MF香川真司獲得のギリシャ1部PAOK MF久保建英の元同僚DFも補強へ

© 株式会社東京スポーツ新聞社

香川真司(左)と久保建英

ギリシャ1部PAOKが元日本代表MF香川真司(31)に続き、MF久保建英(19=ヘタフェ)の元同僚も補強だ。

香川の正式入団が間近に迫る一方で、PAOKは大型補強を続けている模様だ。ギリシャリーグを担当して英公共放送「BBC」など大手メディアに寄稿しているジャーナリストのコンスタンティノス・リアノス氏は「チェルシーが今季終了までDFババ・ラーマン(26)をPAOKにレンタルすることで合意した」と自身のツイッターに投稿した。

ガーナ代表のラーマンは左サイドバックで多くの欧州クラブを渡り歩いており、昨季はスペイン1部マジョルカで久保とともにプレーし、よく談笑する場面も見られた。2016―17シーズンにはドイツ1部シャルケで元日本代表DFの内田篤人氏(32)とも同僚だった。

2015年夏に加入したチェルシーでは出場機会に恵まれずレンタル移籍を繰り返しており、今季残りをPAOKでプレーすることになる模様。日本人選手をよく知る苦労人の存在は、香川にとって心強い存在になりそうだ。

この記事はいかがでしたか?