富士フイルム、ハーフマクロ相当まで寄れる望遠ズーム「XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR」

© 株式会社マイナビ

富士フイルムは1月27日、オンライン上で新製品発表会「X Summit GLOBAL 2021」を実施し、同社Xマウントカメラ向けの望遠ズームレンズ「XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR」を発表した。2021年3月に発売を予定しており、希望小売価格は110,000円(税別)。

35mmフルサイズ換算で107~457mmという幅広い望遠画角をカバーするズームレンズ製品。テレコンバーターにも対応しており、1.4倍で149~640mm相当、2倍で213~914mm相当という超望遠領域での撮影も行える。また、高い近接撮影性能も大きな特徴としており、最短撮影距離はズーム全域で83cm、テレ端での最大撮影倍率は0.33倍を実現。これはフルサイズ換算でおよそハーフマクロとなる数値で、クレジットカードよりも狭い範囲にピントを合わせて画角に収めることができるという。

本体はレンズ名の通り絞りリング(R)、リニアモーターによるAF駆動(LM)、最大5.5段分の光学式手ブレ補正(OIS)、防塵防滴耐低温仕様(WR)を備える。レンズ構成は非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚を含む12群17枚で、絞り羽根は9枚(円形絞り)、開放絞りはF4~5.6、最小絞りはF22。最短撮影距離は0.83m、最大撮影倍率は0.33倍(テレ端)で、最大径×長さは75×132.5~205.5mm(ワイド端~テレ端)、フィルター径は67mm、重さは580g(キャップ、フードを除く)。