女性殺害で15歳少年起訴

福岡、裁判員裁判へ

© 一般社団法人共同通信社

 福岡市中央区の商業施設で昨年8月、女性客=当時(21)=が殺害された事件で、福岡地検は28日、検察官送致(逆送)されていた少年(15)を、殺人と窃盗などの罪で起訴した。成人と同様に裁判員裁判で審理される見通し。

 起訴状によると、昨年8月28日午後7時半ごろ、中央区地行浜2丁目の「マークイズ福岡ももち」の1階女子トイレで、盗んだ包丁で女性を切り付けて殺害したとしている。

 福岡地検は少年を鑑定留置し、刑事責任能力を問えると判断して家裁送致。福岡家裁は少年の親族が住む鹿児島県の家裁に移送した。鹿児島家裁は「少年院での問題改善は困難だ」として逆送を決定していた。