門脇麦「今までになかったガールズムービー」 別々に歩む2人の女性描く内容に 「あのこは貴族」特別映像

©合同会社シングルライン

「あのこは貴族」の写真をもっと見る

異なる階層に生きる2人の女性を描いた映画「あのこは貴族」の公開を前に、東京の上流階級に生まれ育った「箱入り娘」の華子を演じた門脇麦と、猛勉強して入った名門大学を家庭の事情で中退した「上京組」の美紀を演じた水原希子の2人が、映画や自身が演じた役柄について語り合う特別映像が公開された。

特別映像で門脇は、「今までになかったガールズムービーになる」と語り、その理由として「女の子2人の映画って世界中でも今までもたくさん作られてきているけど、お互いバラバラに一歩一歩歩む、そういう映画は見たことが無かった」ことを挙げている。また、結婚=幸せと信じ、家族や家柄といった狭い世界の価値観から抜け出せずにいる華子については、「自分が“これをしたい”と決断することで、家族が傷ついたり、裏切ってしまった、ということもあるからレールを踏み外せない」と分析。撮影時については、「台本を更新していく喜びがすごくあった」と振り返っている。

一方の水原は、美紀という役柄について、「挫折を繰り返しながらも、自分の居場所を一生懸命見つけて強く生きていく女性」と認識を語っている。また、門脇と同様に、「実際やってみて(台本より)もっと膨らむ感じはあった」と、現場で台本や物語が進化していくことを肌で感じた様子を見せている。

共演シーンについては、門脇は水原について「鳥肌がたった」と称賛。水原も「かっこよかった」と門脇に語り、互いに最大の賛辞を贈り合っている。

「あのこは貴族」は、異なる階層に生きる2人の女性が人生を切り開く姿を描いた、山内マリコの原作を映画化した作品。榛原華子を門脇麦、時岡美紀を水原希子が演じている。また、良家の生まれの弁護士・青木幸一郎を高良健吾が演じているほか、石橋静河、山下リオらが出演している。監督は、初のオリジナル長編作品「グッド・ストライプス」で新藤兼人賞金賞を受賞した、岨手由貴子が務めている。

あのこは貴族
2021年2月26日(金)全国公開
配給:東京テアトル/バンダイナムコアーツ
©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会