スマホ世界出荷5.9%減

20年、コロナ影響

© 一般社団法人共同通信社

韓国サムスン電子の店舗でスマートフォンを選ぶ顧客=28日、ソウル(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米調査会社IDCが28日までに発表した2020年のスマートフォンの世界出荷台数(速報値)は前年比5.9%減の12億9220万台だった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う店舗休業が影響した。消費者は在宅勤務やオンライン学習で使用するパソコンなどの端末購入を優先したとみられる。

 メーカー別は、韓国サムスン電子が10%減の2億6670万台で首位を維持。8%増の米アップルが2位に浮上した。3位は中国の華為技術(ファーウェイ)。米政府による制裁措置が響き、22%減った。4位は小米科技(シャオミ)。