国交省、東京駅の最新屋内電子地図を公開 民間サービスの創出に期待

©株式会社自動車新聞社

国土交通省は東京駅周辺の最新の屋内電子地図を、産学官の地理空間情報を扱うプラットフォーム「G空間情報センター」にて1月27日に公開した。屋内外の測位環境を活用したさまざまな民間サービスの創出を目的としている。

国土交通省では、訪日外国人・高齢者・障害者を含む誰もが、屋内・屋外を問わずシームレスに目的地へ円滑に移動できる社会の実現を目指して、「高精度測位社会プロジェクト」を実施している。

このプロジェクトでは、関係者の協力を得て屋内電子地図や屋内測位環境を整備し、その環境を活用した屋内外シームレスなバリアフリーナビゲーションサービス、災害時の情報共有サービスなどの実証実験を実施するとともに、新宿駅など、整備した屋内電子地図をG空間情報センターで公開してきた。

今回公開する屋内電子地図は日本最大級の地下空間、東京駅を中心とした東西約1km、南北約2kmの範囲を対象に整備したもの。2020年8月に新設された東京駅グランスタ地下北口改札などを反映し、サービスの基盤となる屋内電子地図として通路・階段・トイレなどのデータも含めて作成した。

通路の段差や勾配などを含む屋内ネットワークデータを利用し、段差を回避したバリアフリールート検索などのサービス開発にも活用可能だ。なお、アプリの作成に際して調査などを行う場合は、別途施設管理者の許可が必要とのことだ。

画像:国土交通省 報道発表資料より抜粋

国交省によると、プロジェクトの成果を活用した民間事業者によるサービスが実装され始めており、今回の屋内電子地図においてもこれらを活用したサービスの創出につながることを期待しているという。

▼今回公開する屋内電子地図

公開先:

https://www.geospatial.jp/ckan/dataset/mlit-indoor-tokyo-r2

▼関連記事

国交省、新宿の最新版電子地図を公開 バリアフリーナビ開発などに期待

国土交通省は27日、新宿駅周辺の最新の屋内電子地図の公開を、産学官の地理空間情報を扱う「G空間情報センター」で開始した。屋内外の測位環境を活用した多様な民間サービスの創出を促したい考えだ。公開したのは、今年7月に開通した新宿駅東西自由通路を反映させた最新の屋内電子地図。多様なサービスの開発基盤と...

【参照】国土交通省 報道発表より

https://www.mlit.go.jp/report/press/tochi_fudousan_kensetsugyo17_hh_000001_00007.html