Travis Japan、結成当時は「めっちゃ仲悪かった」「嫌いだった」

© 株式会社マイナビ

きょう29日のフジテレビのドキュメンタリー番組『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(毎週金曜24:55~ ※関東ローカル)では、Travis Japan特集の第2弾が放送される。

先週の初回放送後には視聴者から「感動して何度も泣きました」「胸が締めつけられました」「映像とナレーションがかっこよすぎて鳥肌」「圧巻」と大きな反響を呼んだ。今回は、これまで語られることのなかった知られざるメンバーの素顔と、強い結束力の秘密に迫る。

メンバーの7人が、ひときわ高い評価を得ているのが、シンクロダンス。フォーメーションの正確さのみならず、手足の向きや高さ、さらには指先の精緻(せいち)な動きまでもが問われる、メンバーの結束力がなければ到底実現できないパフォーマンスだ。そしてもうひとつ、Travis Japanの大きな魅力と言われるのが、仲の良さ。2018年から始めたYouTubeチャンネルでも、メンバーがかもし出す和やかな空気と飾らぬ笑顔は、見る者をひきつけてやまない。

しかし、そのチームワークと仲の良さは、結成当初から存在していたものではなかったという。Travis Japanは2012年に結成。その当時について、おっとりした性格の七五三掛龍也は「最初めっちゃ仲悪かったんですよ。楽屋でも全然しゃべらなかった」と明かす。グループのムードメーカー・吉澤閑也も「めっちゃ嫌いだったもん。そんなに最初は好きじゃなかった」と、かつてメンバー間に生じていた軋轢(あつれき)を打ち明けた。結成から5年後、メンバーの脱退が相次ぎ、9人だったメンバーが17年秋には5人となった。

しかし、そんな彼らにとって転機となったのが、松田元太、松倉海斗(松松コンビ)のグループ加入だった。ダンスの才能を見込まれてこの2人に白羽の矢が立ったが、彼らがもたらしたのはそれだけではなかった。「松松が入ってきてからは皆でコミュニケーションを取るようになった」と七五三掛は語る。

川島如恵留は「作り込んだ自分は剥がれちゃうんですよね。それを剥がしてくれたのが松田元太なんですよ。最初は止めろと思ったけど、脱いだほうが楽じゃんって気づいた時は、めちゃくちゃ感謝した」と明かした。

9年の歴史の中で、ときにグループ内の確執も経験してきたメンバーたち。しかし、チームゆえに個が輝き、そしてなによりこの7人ゆえ、奇跡のような美しいシンクロダンスが誕生した…。

(C)フジテレビ