ウーデゴール、トッテナム加入を拒否していた

今冬のマーケットでレアル・マドリーからアーセナルへと期限付き移籍することが決まったノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール。

レアル・ソシエダでのローン移籍で大ブレイクを果たしたものの、ジネディーヌ・ジダン監督の下では出場機会に恵まれず、プレミアリーグに挑戦することとなった。

【動画】ウーデゴール、本人が教える名前の発音

ただ、ノルウェーメディアの『VG』の報道によれば、ウーデゴールはトッテナムからも誘いを受けていたという。

ジョゼ・モウリーニョ率いるトッテナムはデル・アリの立場が危うくなっており、それに代わる攻撃的MFを探していたそう。

それに従ってウーデゴールのローン移籍を打診していたとのことだが、それは拒否されていたとか。

ウーデゴールはアーセナルのミケル・アルテタ監督との会談を行い、エミレーツ・スタジアムへと向かうことを決めたとのこと。

なお、アーセナルでウーデゴールは週10万ポンド(およそ1400万円)ほどとなるかなりの給与を受け取るそう。レアル・マドリーでは週給換算で3万8000ポンド(およそ500万円)ほどだったため、2倍以上の報酬になるようだ。

© 株式会社コリー