全豪OP直前 大坂なおみがセリーナ・ウィリアムズと〝大熱戦〟

© 株式会社東京スポーツ新聞社

エキシビションでセリーナ(右)と対戦した大坂(ロイター)

テニスの4大大会、全豪オープン(2月8日開幕・メルボルン)の前哨戦となるツアー大会の組み合わせが29日、発表され、世界ランキング3位の大坂なおみ(23=日清食品)は、第2シードに入り、アリゼ・コネ(フランス)とアイラ・トムヤノビッチ(クロアチア)の勝者と対戦する。

大坂は昨年8~9月の全米女子オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たして以来の公式戦出場となり今季初戦。この日はオーストラリア・アデレードで開催されたエキシビションマッチに出場。世界ランク11位のセリーナ・ウィリアムズ(39=米国)と対戦し、2―6、6―2で迎えた10点先取のタイブレークを7―10で落とした。

それでも久々に観客の前でプレーしたことで試合後には笑顔もあふれた。負けたとはいえ、4大大会通算23勝のセリーナと接戦を演じただけに、全豪で向けた調整も順調なようだ。