〈溶接DIY〉アイアン製キラキラ付きねこベッド

© ビギニング株式会社

〈溶接DIY〉アイアン製キラキラ付きねこベッド

完成写真

レシピの概要

かかった費用

3800円

所用時間

3日

材料

丸棒8ミリ(2本)
丸棒5ミリ(1本)
平鋼12ミリ(1本)
ガラスつまみ(2個)
保護キャップ4個入り(1袋)
水性塗料(1缶)
セリア木目板 45×15 (2枚)

工具

アーク溶接機 スズキッド Sticky80
遮光面 スズキッド JIDOUMEN-FF
ディスクグラインダー
カネキリノコ
バイス
マグネット
ハケ
クランプ
スズキッド 溶接スターターキット

作り方

STEP1

材料を設計図通りにカット。カナノコで何本か切ったものの、大変なので、ディスクグラインダーを購入。途中からはグラインダーの切断用砥石でカット。音がうるさいのが気になるが、あっという間に切断できる。

STEP2

設計図?というか、イメージ図。バランスや、材料の加減で、変更したところもあり。

STEP3

大枠部分の材料準備完了。細い方の丸鋼は、原寸に合わせるために後でカット。カーブの部分は家にあるバーナーで炙って曲げようと思ったが、全然ダメで、結局バイスで挟んで手の力のみでなんとかイメージに近づけた。これが大変。

STEP4

いよいよ溶接!モニターキャンペーンで頂いたスズキッドさんのアーク溶接機 sticky 80と、自動遮光面 JIDOUMEN-FF。この面のおかげで両手を溶接準備した状態で、視界が明るいまま、狙ったところでアークをスタートさせられる!スタートした瞬間に自動で遮光し、明るさと感度も調整できて、すごく便利‼︎溶接し終わって明るさが戻るまでの時間が長く感じたので、感度を調整したらとてもいい感じ!

STEP5

溶接できたところ。最初のうちは下手くそで、スラグを割ってみたらきちんとくっついてない…というのが何回かあり、次第にコツを掴んで狙い通りに溶接できるようになってきた。

STEP6

グラインダーで溶接部を綺麗に。

STEP7

細い方の丸鋼を実寸法に合わせてカットし溶接。

STEP8

縦格子も完成!

STEP9

枠を溶接する工程が、それぞれの直角をしっかり出すのが難しくて、一番苦労した。必死だったので、途中の写真を撮るの忘れた。

STEP10

平鋼を実寸サイズにカットし、底部に溶接する。

STEP11

底部完成。

STEP12

丸鋼を曲げるのが、すごく大変だったので、サイドの飾りをどうしようか迷ったが、アイアンベッドといえば、やはりぐるぐるは外せないなと思い、バイスを使って曲げる。曲げる。曲げる!

STEP13

曲げるのもすごく大変な上、同じ形に2つ用意するのがとても大変だった。

STEP14

ぐるぐる飾りをサイドにつけて溶接は完了!

STEP15

塗装。水性の艶消しブラック。ハケで塗っても乾くと綺麗に仕上がる!これからも色々使えそう!

STEP16

ここにタップを切って、キラキラなガラスつまみをつける予定。

STEP17

ネジを締めて、不要部分をノコでカット。

STEP18

キラキラがついたところ。

STEP19

足の底に、床の傷防止のために保護キャップをつけて完成〜♪

STEP20

底板を敷いた状態。

STEP21

家にあったボア素材をミシンでカタカタ。

STEP22

お布団完成。一応ファスナーをつけてみた。

STEP23

せっかく出来たベッドなのに、もふもふのお布団も大好きなはずなのに、警戒心の強いうちのこは、全然寝てくれない…(・・;)無理矢理感…(ーー;)

レシピのコツ・ポイント

最初に材料を寸法通りの長さにきっちり準備すれば、自然と設計通りに、がたつきなく綺麗に仕上がります。
溶接は点付の繰り返しなので、初心者の私でもなんとか形ができました!
丸鋼を曲げるのは本当に大変なので、専用の道具でいいのがあれば欲しいと思いました。
塗装は、スプレー缶でなくても、ハケで十分綺麗に仕上がり、塗料の無駄も少なく済みました。

やってみた感想

家庭用溶接機があれば、おしゃれでシンプルなアイアン家具や雑貨が、安い材料費で色々作れることの喜びを感じています!
初めての溶接DIYは、私にとっては大作になりました。大満足です。
次はハンガーラックを作りたいと思います!
モニターキャンペーンに選んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

レシピを書いた人

カリメロさんのプロフィールを見る