ユナイテッド移籍の18歳ディアロ、心臓強ぇ!いきなり「パネンカPK」をやる

18歳になったことで今月正式にアタランタからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したアマド・ディアロ。小柄ながらエネルギッシュかつキレのある期待のレフティだ。

新天地デビューとなったリヴァプールU-23チーム戦で2ゴールを決める活躍を見せ、2-6の勝利に貢献した。

話題になっているのは、パネンカで決めたPK。GKをあざ笑う巧みなキックを平然と沈めてみせた。

デビュー戦でパネンカを決めるとは度胸がある!

前半に決めた先制点は圧巻のスピードで相手のミスをついたものだ。

これは速い…。

【写真】「マンチェスター・ユナイテッドで消えてしまった」天才たち

海外のファンたちは「よかったけど、トップチームでプレーすると思ってた」、「彼はまだプロの舞台であまりプレーしたことがないし、英語も勉強中だ。プレッシャーの強いトップチームに今すぐ投げ込む必要はない。でも、オレ(スールシャール監督)は彼をかなり気に入っているよ」、「18歳だし、アタランタでもトップチームではほとんどプレーしてない(5試合)。まずはU-23でプレーさせて馴染ませるのは問題ない」などと反応していた。

© 株式会社コリー