【VD2021】お花が咲いた、ちっちゃないちごミルクマフィン

© 株式会社TUKURU

ひとくちサイズのちっちゃくて可愛い、お花のかざりつきのいちごのマフィンです。 4種類のいちご素材を使っているので、味も香りもとってもいちご! かわいらしいデコレーションのミニマフィンは、バレンタインの本命チョコにも友チョコにも喜ばれそう…! 一度に12個できるのもうれしい。

by 春さん

このレシピの材料


数量:12個(ミニマフィン型)

いちごみるくマフィン

シュクレ(薄力粉)… 80g

いちごパウダー… 3g

ベーキングパウダー… 2g

スキムミルク… 10g

バター… 20g

こめ油… 20g

細目グラニュー糖… 40g

はちみつ… 5g

卵… 30g

冷凍いちご… 30g

プレーンヨーグルト… 20g

ストロベリーエッセンス… 3滴

色素(ピンクもしくは赤)… 少量

デコレーション

シュガーペーストパウダー… 50g

水(シュガーペースト用… 5g

粉糖… 適量

デコれーとペン(黄色)… 1本

パータグラッセフレーズ … 60g

下準備


●冷凍いちごはなるべく冷蔵庫で自然解凍(前日の夜にでもいれておくといいです)、フードプロセッサーなどでピュレにする。 ●バターと卵を冷蔵庫から出して計量し、室温にもどしておく。 ●薄力粉、ベーキングパウダー、ストロベリーパウダー、スキムミルクをあわせてふるっておく ●マフィン型にグラシンケースを敷く(グラシンケースはよくくっついているので、二重にしかないようにきをつけてくださいね) ●マフィンを作り始めたらオーブンを170度に設定して予熱スタート。

マフィン作り


1.室温に戻したバターとこめ油をボウルに入れ、ハンドミキサーでクリーム状にします

2.グラニュー糖とはちみつを加えて白っぽくなるまでまぜます

3.といた卵を5回に分けて加えて、分離しないように丁寧にまぜていきます

4.いちごのピュレを加えてさらにまぜ、ストロベリーエッセンスを加えてさらにまぜます

5.ピンクか赤の色素を少し混ぜ、色を付けます(イチゴは焼くと色があせるので)

6.道具をゴムベラに持ち替えます。 ふるった粉類をいっきに全部くわえて、ゴムベラをボウルにそって円形に動かし、生地を下から持ち上げるようにして、さっくりとまぜます 粉けがなくなったらOK

7.プレーンヨーグルトをくわえて、ゴムベラをボウルにそって円形に動かし、生地を下から持ち上げるようにして、さっくりまぜます

8.使い捨ての絞り袋に生地をいれ(広口の計量カップなどに袋をかけていれるとやりやすいです)、グラシンケースを敷いたマフィン型に生地を入れる。(生地があまったら別の入れ物で焼いて味見用にしてください) 170度に余熱したオーブンで18分ほど焼成。

9.焼きあがったら、型ごとケーキクーラーにのせ、しっかり冷ましておく

10.いちごのお花をつくります。まず、マグカップに50度ほどのお湯を入れ、黄色のデコレートペンをつけて溶かしておきます シュガーペーストパウダーに水を加えてまぜてシュガーペーストを作ります(水を加えすぎたら粉糖を加えて固さを調節します) 粉糖をふったマット等の上で、シュガーペーストをめん棒でうすく伸ばして(2ミリほど)お花の型でぬきます お花の中心に溶かした黄色のデコレートペンで、ちょんとまるく花芯を描き、チョコレートが固まるまでしばらくおいておきます

11.小さいボウルなどにいれたパータグラッセフレーズを湯煎でとかして、冷めたマフィンのあたまをとかしたパータグラッセにつけ、表面をパータグラッセがおおうようにします パータグラッセが固まる前にいちごのお花をかざりましょう (まとめてやろうとするとパータグラッセがかたまるので一つずつかざりつけしてください) パータグラッセが固まったら完成です

12.中もきれいなピンク色です