元宝塚の峰さを理さんが死去

星組トップスター

© 一般社団法人共同通信社

死去した峰さを理さん

 宝塚歌劇団で星組トップスターとして活躍した俳優、峰さを理(みね・さをり、本名安田峰子=やすだ・みねこ)さんが1月30日、甲状腺がんのため東京都内の病院で死去した。68歳。福井県出身。葬儀は親族のみで行う。

 1972年に宝塚歌劇団に入り、83年に星組トップスターに就いた。87年に退団後、舞台を中心に活躍した。2014年、劇団の発展に寄与した人を顕彰する「宝塚歌劇の殿堂」に選ばれた。

 関係者によると、昨年1月に体調に異変を感じたが、新型コロナウイルス禍の影響で病院に行くのを見合わせた。同年7月ごろに甲状腺がんと診断されたという。