【陸上】大阪国際女子V・一山麻緒 東京五輪へ「最高の走りができるように最高の準備を」

© 株式会社東京スポーツ新聞社

一山麻緒

大阪国際女子マラソンが31日、長居公園周回コース(1周約2・8キロ)で行われ、東京五輪代表の一山麻緒(23=ワコール)が大会新記録となる2時間21分11秒で優勝を果たした。同代表の前田穂南(24=天満屋)は2時間23分30秒で2位に入った。

レースを終えた一山の表情には、悔しさがにじみ出ていた。今大会は新型コロナウイルス禍の影響もあり、史上初めて周回コースで実施。さらに、川内優輝(33=あいおいニッセイ同和損保)ら男子選手がペースメーカーを務めていたことから、野口みずき氏(42)が持つ日本記録(2時間19分12秒)の更新に注目が集まっていた。一山は「チャンスなのかなと思う」と新記録樹立を目指してスタート。中間地点を日本新記録射程圏内の1時間09分35秒で折り返したものの、25キロ過ぎから「体がキツいというよりは、少し呼吸がキツくなり始めた」とペースダウン。最後まで粘り強い走りを見せたが「私の力不足で(日本記録を)達成できず、楽しみにしていた方には申し訳ない。日本記録のために練習をやってきたので悔しい」と涙を浮かべた。

次回のフルマラソンは、約半年後の東京五輪となる見込み。開催については、懐疑的な声も聞かれるが「やってくれると信じて、私は最高の走りができるように最高の準備をしていきたい」ときっぱり。今後に向けては「永山忠幸監督(61)のメニューをしっかりやって、本番では最高の準備をしてスタートラインに立てるように練習を頑張りたい」と決意を述べた。「今日(31日)のレースで日本記録のペースを体感できた」。大阪の地で得た経験を生かし、次こそは日本中を歓喜の渦に巻き込む覚悟だ。