ワーケーション 四国全域で推進 4県やJRが協議会設立

© 株式会社山陽新聞社

四国周遊型ワーケーション推進協議会の設立総会

 四国4県やJR四国などでつくる四国ツーリズム創造機構は、テレワークと観光を組み合わせた「ワーケーション」を呼び込む「四国周遊型ワーケーション推進協議会」を設立した。観光関係団体や企業が会員として参加し、四国全域での受け入れ体制整備と情報発信に取り組んでいく。

 1月28日に高松市で設立総会があり、小豆島観光戦略会議(香川県)や三好みらい創造推進協議会(徳島県)などの観光関連団体とJR四国、日本航空、全日本空輸の代表者ら12人が出席した。

 同機構の半井真司代表理事(JR四国会長)が「コロナ禍での新たな仕事、観光の在り方として注目を集めるワーケーションの四国ならではのスタイルを発信し、地域の活性化へと結び付けたい」とあいさつ。徳島文理大の床桜英二教授(地方創生)が周遊型ワーケーションの意義と課題を説明した。

 協議会の代表幹事に半井代表理事を選んだ後、会員団体がそれぞれの活動を紹介。四国全域を対象にしたモニターツアーやワーケーション受け入れの実証実験を今春以降に実施することなどを決めた。