スピードワゴン井戸田〝小顔整形〟をカミングアウト!「メチャクチャ痛い。我慢できない」

© 株式会社東京スポーツ新聞社

スピードワゴン・井戸田

お笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤(48)が31日、「ABEMA的ニュースショー」(ABEMA TV)に出演し、〝小顔整形〟を行っていることを告白した。

新型コロナワクチンの痛さの話題から、これまで味わったことのある〝激痛〟についてトークが及んだ。すると、井戸田は頬をさすりながら「僕は美容整形に行った時、ここのフェイスラインを上げるために、電気で顔を焼き上げる。『バチバチ』っていって『ビリビリビリビリ!』って焼き上げるんです。それが、メチャクチャ痛い」とカミングアウト。

さらに「麻酔というか、痛くないゼリー状のものを塗るんだけども、それがちょっと乾いてきたりすると、すごく痛くて。これ我慢できないんですよ。『痛ててててててて!』って言って、1回休憩するんです。『ふ~、よし行こう!』つって 『痛ててててててて!』っていうのを繰り返しながら、小顔の自分を想像して、なんとか乗り切るんです」とその過酷さを説明した。

女性共演者からその効果を聞かれると「効果テキメンですよ」とにんまり。司会の千原ジュニアは「そもそも目的なんなんすか?」とけげんな面持ちだったが、「いつまでもキレイでいたい」と気にする様子はなかった。