核のごみ受け入れ、8割が否定

全市区町村アンケート

© 一般社団法人共同通信社

高レベル放射性廃棄物(核のごみ)が保管されている日本原燃の貯蔵管理センター=2014年4月、青森県六ケ所村

 原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分で、全国の市区町村の約8割が処分場受け入れに否定的なことが31日、共同通信のアンケートで分かった。最終処分の関連法成立から20年を経て昨年11月、処分場選定の入り口となる文献調査が北海道の2町村で開始。しかし多くの自治体では依然、処分場への忌避感が根強いのが現状だ。

 アンケートは昨年10~12月、全市区町村に実施し、うち1469自治体が答えた。処分場受け入れ可否の設問に「受け入れる考えはない」と否定したのが80.9%。検討したことがないなどで「その他」が13.9%、無回答が5.1%だった。