『アノニマス』主題歌、香取慎吾だと明らかに サプライズで配信リリース

© 株式会社マイナビ

俳優・タレントの香取慎吾が、主演を務めるテレビ東京系ドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(毎週月曜22:00〜)の主題歌「Anonymous (feat.WONK)」を歌っていることが1日に明らかになった。サプライズで1日より配信リリースされる。

香取慎吾

同作はオリジナルのクライムサスペンス。警視庁によるSNSの専門の対策室「警視庁指殺人対策室」を舞台に、ある事件をきっかけに捜査一課の第一線から外された一匹狼の万丞渉(香取慎吾)をはじめ、出世コースから外れたクセモノメンバーが、キーボードによる殺人=指殺人に苦しむ人々の事件を解決に導き、顔の見えない犯罪者=アノニマスを捜査し見つけ出していく。

香取慎吾として民放ドラマ5年振りの主演、第1話放送中には『アノニマス』がツイッタートレンド1位を獲得し、初回の世帯平均視聴率が7.3%を獲得(関東地区、ビデオリサーチ調べ)、同局の同ドラマ枠では歴代最高1位となるなど大きな反響を呼んでいた。

初回放送時、ドラマのエンディングで突然オンエアされた楽曲は、主題歌「Anonymous」とだけ書かれていてアーティスト名は塗りつぶされて明らかにされておらず、視聴者はTwitterで「かっこいいけど誰の曲だろう?」「声は慎吾っぽいけど…」など、香取の楽曲であることを期待する声があがっていた。

そして第2話放送となる2月1日の0時にオフィシャルHPや本人SNSが更新され、ようやく香取が主題歌を務めていることが明らかに。昨年1月1日にリリースされ、オリコンチャート1位を獲得したアルバム『20200101』以来、1年1カ月振りの楽曲配信となる。アルバムにも参加していたWONKとの共作で、「暗闇の世界から光が見える」というメッセージが込められており、英語歌詞をメインとした、サウンドも洋楽的なアプローチのエモーショナルな楽曲となっている。