“貯杉先生”西野七瀬、男前な関西弁披露! “高杉くん”神木隆之介が大喜び

© 株式会社マイナビ

元乃木坂46で女優の西野七瀬が、auのテレビCM「意識高すぎ!高杉くん」シリーズ最新作「朝の挨拶」篇(2月1日より全国で放送)で、男前な関西弁を披露している。

同CMは、朝の登校時間に生徒たちに少し変わった挨拶をする計算高くてあざとい新任の貯杉先生(西野七瀬)と、その挨拶に切り返す高杉くん(神木隆之介)のストーリー。

廊下で生徒たちに「ポイント貯めるなら?」と問い掛ける貯杉先生は、生徒たちが当たり前のように「au PAY」と答えると、「はい、おはよう」と挨拶。そんな中、高杉くんは声を掛けてくる松本さん(松本穂香)に脇目も振らず貯杉先生に向かって真剣な顔で歩いていき、貯杉先生が他の生徒と同じように声を掛けると、高杉くんは「カードを持つなら?貯杉先生」と切り返す。そんな高杉くんにau PAY ゴールドカードを見せ、「もらえるポイントはもらっときや!」と関西弁で男前に答える貯杉先生。前回のCMでの“あざとかわいい”とはまた違った表情を見せる貯杉先生に対して、高杉くんは舞い散る桜の花びらとともにうれしそうな表情を浮かべ、松本さんはけげんな表情で花びらをうっとうしそうに払い落とす。

今回のCMは、貯杉先生 、高杉くん、松本さんが3人そろって初の学校での撮影。撮影はまず新年の挨拶から始まった。3人での芝居にも慣れてきた西野は、持ち前の関西弁でインパクトのあるセリフを、かっこいい表情で披露した。また、今回も神木のアドリブがさく裂。あまりにもオーバーだったため、「ちょっと暴れすぎちゃったかな(笑)」と監督からツッコミが入ると現場に笑いが起こった。