次のApple Watchではハプティックフィードバックが改善されるかも

© ティー・クリエイション株式会社

Apple Watchはハードウェアの特徴としてTapticエンジンを搭載しています。これはユーザーに、ハプティックフィードバックで高い心拍数や一定の時間で立ち上がるリマインダーなどを知らせるためのものです。しかし、必ずしも強いフィードバックではありません。

Appleはこの機能を改善しようとしているようです。AppleInsiderが見つけた特許には「移動するバッテリー部品を持ちハプティックデバイスを持つポータブル電子機器」とあります。この特許を見ると、AppleはTapticエンジンとは別の方法でハプティックフィードバックを搭載させたいと考えているようです。その方法の一つには、Apple Watchのバッテリー自体にその機能を持たせる方法もあります。

特許の記述に基づくと、Apple Watchのバッテリーは「触覚のアウトプットを生成するディスプレイとパラレルにバッテリー部材の振動運動を誘導するように構成されている」可能性があるコイル部品とディスプレイに結合できることを示唆しています。このようなデザインは他の可能性へ扉を開く可能性もあります。

例えば、ハプティックフィードバックのための別のコンポーネントを不要にすることで、そのスペースに他の部品を載せることも考えられる。バッテリーの大型化をすれば、バッテリー駆動時間の長時間化も見込めるでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら

The post

次のApple Watchではハプティックフィードバックが改善されるかも

first appeared on

Ubergizmo JAPAN

.