金しゃち、いったん見納め

名古屋城、地上展示準備で

©一般社団法人共同通信社

「金のしゃちほこ」の地上展示に向け、名古屋城天守で始まった足場の設置作業=1日午前、名古屋市

 名古屋市のシンボル、名古屋城で1日、「金のしゃちほこ(金しゃち)」の16年ぶりの地上展示に向けて天守部での足場設置作業が始まった。来週には囲いで覆われて天守での姿はいったん見納め。3月上旬にヘリコプターで地上に下ろし、地上展示の後、7月中旬ごろに再び天守に戻す予定。

 1日の作業では天守の屋根に上がるためのはしごなどが設置された。市担当者は「金しゃちがある天守閣を期待する人には申し訳ないが、『金しゃちのない』姿もめったにないのでぜひ見てほしい」と話した。

 地上展示は新型コロナ感染拡大で落ち込んだ地域経済を元気づける狙い。期間は3月20日~7月11日。