接触確認、4カ月通知されず

アプリ「COCOA」に不具合

© 一般社団法人共同通信社

不具合が明らかになったスマートフォン向け接触確認アプリ「COCOA」の画面=3日午後、厚労省前

 田村憲久厚生労働相は3日記者会見し、新型コロナウイルス対策のスマートフォン向け接触確認アプリ「COCOA(ココア)」について、利用者の約3割に当たるアンドロイド版で昨年9月28日以降、陽性者との接触通知が届かない不具合があったと明らかにした。田村氏は「大変なご迷惑をおかけし、信頼を損ねた。心からおわびする」と謝罪した。

 厚労省によると、アンドロイドのシステムは、他の端末が近くにあった場合に記録する仕組みになっている。

 陽性登録された人の情報を受け取った際、記録の中にこの人との接触情報があれば通知されるが、アプリの不具合によって機能しなくなっていた。

厚生労働省が入る中央合同庁舎