森会長、女性巡る発言を陳謝

五輪に責任と辞任は否定

© 一般社団法人共同通信社

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は4日、日本オリンピック委員会(JOC)の女性理事増員方針を巡る女性蔑視とも取れる発言について「軽率な発言で、おわびしたい」と陳謝した。今夏の東京五輪・パラリンピックについて「東京大会を成功させたい。責任を果たさなければならないと思っている」と述べ、辞任を否定した。共同通信の取材に答えた。

 森氏は4日午後、記者団の取材に応じると明らかにした。謝罪、釈明する見通し。

 共同通信の取材に対し、女性理事を巡る発言について「女性を蔑視するつもりは全くなかった」と説明した。