広島市民80万人PCR予算可決

県議会、費用10億円

© 一般社団法人共同通信社

新型コロナウイルス対策を議論した広島県議会臨時会=4日午前、広島市

 広島県議会は4日、広島市中心部4区の住民ら最大80万人を対象とする新型コロナウイルスの無料PCR検査にかかる費用10億3800万円を盛り込んだ2020年度補正予算案を賛成多数で可決した。

 検査は任意で、県は実際に受けるのは住民と就業者合わせて28万人と見込む。今月中旬から数週間で終わらせたい考えだ。

 補正予算は計55億円で、営業時間短縮要請に応じた酒を提供する飲食店への協力金20億円のほか、時短要請の対象地域外で昨年12月~今年1月の売り上げが一定以上減少した飲食店への支援金25億円も盛り込んだ。補正後の一般会計は1兆2675億円となる。

広島市の中心部。右下は平和記念公園=2015年